皮膚掻痒症とアトピー性皮膚炎の2つの見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は皮膚掻痒症とアトピーの見分け方についてお話します。

 

痒みがある皮膚疾患で真っ先に思い浮かべるのがアトピー性皮膚炎という人もきっといると思います。

アトピー性皮膚炎はそれくらいメジャーな病気ですが、現代の医学をもってしても確実な治療法が確立していない為完治させるのが大変です。

アトピーを苦に自死したという噂や引きこもりになったという話も聞きますので、痒みが出ると不安に感じる人もいるかもしれません。

では、皮膚掻痒症とアトピー性皮膚炎はどう違うのでしょうか?

 

皮膚掻痒症とアトピー性皮膚炎の異なる点

皮膚掻痒症とアトピー性皮膚炎には以下のような2つの共通点があります。

・痒みが異常に強い
・改善に時間が掛かる

 

ただ、皮膚掻痒症の場合は見た目は普通の皮膚ですが、アトピーの場合は発疹などの症状が見られます。

また、アトピー性皮膚炎の場合は接触性皮膚炎や結節性痒疹のような皮膚疾患や、白内障や網膜剥離のような眼科疾患のような合併症を患うこともあります。

このように、皮膚掻痒症とアトピー性皮膚炎は似ている点もありますが、皮膚の見た目が違う事、合併症がある事など、異なる部分が少なくても2つあるのです。

 

でも、発症初期の段階では合併症もありませんし皮膚の見た目もそこまで酷くありませんのでちょっと見分けが付かない可能性もあります。

また、症状は似ていても原因によっては治療のやり方が違ってくるので、自分で治すにしても一度お医者さんに症状を見てもらって判断してもらうのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

痒み、アレルギー体質、皮膚炎に効く澄肌漢方堂の薬

皮膚掻痒症、湿疹、アカギレ、皮膚炎、アレルギー体質および、皮膚炎によるシミや色素沈着まで改善してくれる話題の薬です。

・12種類の生薬成分を配合
・数々の品質試験をクリア
・6歳から服用可能

皮膚炎に苦しむ娘を持った母親の一言から誕生した薬。
アレルギー体質で湿疹が酷い、皮膚の痒みが我慢できないという方は御参考ください。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。