デリケートゾーンの痒みの正体!外陰部掻痒症とは一体何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外陰部掻痒症(がいいんぶそうようしょう)というのは、外陰部つまりデリケートゾーンに出る皮膚掻痒症の事です。

デリケートゾーンの症状は恥ずかしいですから、友人や恋人はもちろんお医者さんにもちょっと相談しずらいですよね。

しかし、病態がよくわからないまま自己流で改善しようとしてもちゃんと完治させるのは難しいでしょう。

だから、もう既に発症してしまった人は、勇気を持って病院に行き診察を受ける事をおすすめします。

あと、今現在問題無い方でも、いつどこで外陰部掻痒症になるかわかりませんので、事前に食い止める為にも発症する原因について知っておいて下さい。

 

外陰部掻痒症になる3つの原因

■外陰部が乾燥する
女性ホルモンが不足してしまうと外陰部周辺の皮膚粘膜がしなびて小さくなります。
そうなると、皮脂腺から分泌される液体の量も少なくなり外陰部が乾燥肌状態になり痒みが発生します。

 

■ばい菌に感染する
性成熟期にデリケートゾーンが痒くなった場合は何かしらのばい菌に感染した可能性があります。

免疫力が正常であればちょとした細菌に感染しても帯下の色が弱冠変わるだけですし、自然に治癒される事が多いです。
しかし、皮膚の刺激作用が強いカンジダのような真菌に感染した場合は、強烈な痒みが起こることがあります。

また細菌群とは違い自然治癒しないケースもあります。

 

■皮膚が過敏になっている
皮膚が過敏になっている状態「皮膚過敏症」が原因で痒みが出ている可能性もあります。

陰部を清潔に保ちたいが為に膣内を過度に洗ったりしていると、外部から局部を守る為の分泌物も常に無い状態になってしまいます。

そうなると、外部からの刺激も感じやすくなりますし、細菌にも感染しやすくなります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

痒み、アレルギー体質、皮膚炎に効く澄肌漢方堂の薬

皮膚掻痒症、湿疹、アカギレ、皮膚炎、アレルギー体質および、皮膚炎によるシミや色素沈着まで改善してくれる話題の薬です。

・12種類の生薬成分を配合
・数々の品質試験をクリア
・6歳から服用可能

皮膚炎に苦しむ娘を持った母親の一言から誕生した薬。
アレルギー体質で湿疹が酷い、皮膚の痒みが我慢できないという方は御参考ください。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。