皮膚掻痒症を改善する為の4つの治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皮膚掻痒症は体の一部、もしくは全身に痒みを帯びる皮膚疾患です。

痛みより痒みの方が我慢できないという人も多いので、重度の人は相当辛いと思います。

しかし、皮膚掻痒症は決して不治の病ではありません。

今回は、現在皮膚掻痒症に悩んでいる人の為に役立つ4つの改善法・治療法について解説します。

 

原因となっている病気を治す

皮膚掻痒症を発症して最初に調べなければならないは、原因となっている病気が無いかどうかです。

全身が痒くなる汎発性皮膚掻痒症の場合は、肝臓や腎臓などの病気、また悪性リンパ腫、がんなど命に関わるものまであります。

まずは病院で検査を行って、病気が見つかった場合は、その原因となっている病気の治療を最優先して下さい。

 

肌を保湿して乾燥を防ぐ

肌が乾燥する事で痒みを起こすケースがあります。

乾燥肌は食事、食生活、生活習慣を改善する事により症状がやわらぐ事もありますが、中には間違ったスキンケアをして保湿能力を弱めた事により乾燥肌になっている場合もあります。

 

ステロイド外用薬を塗る

痒みが強かったり、湿疹を帯びてしまった場合は一時的にステロイド外用薬で症状をやわらげる方法もあります。

ただ、ステロイド剤で根本的な改善は難しいですし、副作用やリバウンドの可能性も0ではありませんので、過度に使うのはやめましょう。

 

内服薬を飲む

痒みが強烈な時は皮膚科で処方される抗ヒスタミン剤のような内服薬も効果的です。

また、最近ではアレルギー体質、皮膚炎の改善に役立つ生薬配合の高品質な市販薬も販売されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

痒み、アレルギー体質、皮膚炎に効く澄肌漢方堂の薬

皮膚掻痒症、湿疹、アカギレ、皮膚炎、アレルギー体質および、皮膚炎によるシミや色素沈着まで改善してくれる話題の薬です。

・12種類の生薬成分を配合
・数々の品質試験をクリア
・6歳から服用可能

皮膚炎に苦しむ娘を持った母親の一言から誕生した薬。
アレルギー体質で湿疹が酷い、皮膚の痒みが我慢できないという方は御参考ください。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。