皮膚掻痒症が治らない人は寄生虫病に感染した可能性も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

病院で検査をしても代謝性疾患、内分泌性疾患、悪性腫瘍、血液疾患などの病気も見つからないし、ストレス、精神的不安もない。

でも、体が痒くて仕方が無い!

そういう方は、可能性はかなり低いとは思いますが、寄生虫病(鉤虫症)を発症している事も一応考えられます。

 

鉤虫症(十二指腸虫症、若菜病、肥まけ、肥かぶれ)は、体内にいる体長0.5~3㎝程度の細長い鉤虫によって引き起こされる病気です。

人から人への感染はありませんが、糞から出た卵が幼虫になり、それを裸足で踏んづけてしまうと、皮膚から入り込む事があります。

鉤虫症になると咳・咽頭炎などを引き起こしたり、重症化すると鉄欠乏性貧血、異食症などを発症する場合もあるのですが、実は感染した時は痒みのある皮膚炎を起こすのです。

皮膚に異常が見られない痒み、つまり皮膚掻痒症に似た様な症状が出るわけです。

 

寄生虫病なんて怖い・・どうしたらいいの!?と思われるかもしれませんが、先程もお話したとおり可能性としてはかなり低いです。

確かに戦前までは全国に感染者が多数見られた病気ですが、現在の日本ではほとんど見られませんので安心してください。

一応こういう病気もあるという事を参考にして頂けたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

痒み、アレルギー体質、皮膚炎に効く澄肌漢方堂の薬

皮膚掻痒症、湿疹、アカギレ、皮膚炎、アレルギー体質および、皮膚炎によるシミや色素沈着まで改善してくれる話題の薬です。

・12種類の生薬成分を配合
・数々の品質試験をクリア
・6歳から服用可能

皮膚炎に苦しむ娘を持った母親の一言から誕生した薬。
アレルギー体質で湿疹が酷い、皮膚の痒みが我慢できないという方は御参考ください。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。