妊婦になったら痒みが!妊娠性皮膚掻痒症になる原因と予防法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

妊婦になると肌にトラブルが出る事がありますが、その一つに妊娠性皮膚掻痒症というのがあります。

通常の皮膚掻痒症と同じくブツブツした発疹などが確認出来ないのにも関わらず、強烈な痒みに襲われるのですが、何故妊娠するとこのような症状が出るのでしょうか?

今回は妊娠性皮膚掻痒症を発症する原因とその予防法について解説します。

 

妊娠性皮膚掻痒症の原因

妊娠性皮膚掻痒症の主な原因として挙げられるのが肌の乾燥です。

女性ホルモンにはプロゲステロンやエストロゲンの2種類あるのですが、プロゲステロンは肌に大きく関係しているいるホルモンです。

妊娠初期はこれらのホルモンの分泌が増加する為、乾燥肌など肌のトラブルを起こしてしまうのです。

また、妊娠すると水分や栄養が不足したり、ストレスが溜まる事もありますが、これらも肌が乾燥する原因になります。

 

妊娠性皮膚掻痒症の予防法

妊娠性皮膚掻痒症の予防するには、第一に肌を乾燥させない事です。

水分や栄養が不足している場合は、意識してそれらをしっかり補給する事が大切ですし、ホルモンバランスが乱れている場合は、生活習慣を規則正しくしたり食生活の改善を行ったりして正常に戻す努力が必要です。

 

妊娠すると女性の体に色々な変化を齎しますので注意して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

痒み、アレルギー体質、皮膚炎に効く澄肌漢方堂の薬

皮膚掻痒症、湿疹、アカギレ、皮膚炎、アレルギー体質および、皮膚炎によるシミや色素沈着まで改善してくれる話題の薬です。

・12種類の生薬成分を配合
・数々の品質試験をクリア
・6歳から服用可能

皮膚炎に苦しむ娘を持った母親の一言から誕生した薬。
アレルギー体質で湿疹が酷い、皮膚の痒みが我慢できないという方は御参考ください。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。