皮膚掻痒症と糖尿病の関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

糖尿病になると色々な異変が体に出ます。

 

手足のしびれ、視力が下がる、体がだるい、喉が渇くなどが代表的な症状かもしれません。

ただ、実はこの他にも「肌がカサカサする」「体がかゆくなる」という皮膚掻痒症と言えるような症状が出る事があります。

では、糖尿病になると何故このような症状が出るのでしょうか?

 

糖尿病になると血糖値が高くなりますが、高血糖が長く継続すると血流が悪くなります。

血の流れが悪くなると、皮膚を健康に保つ為に必要な酸素や栄養が行き渡らなくなるので、皮膚に油っ気がなくなり乾燥して痒くなります。

それに加えて、糖尿病になると発汗異常が起きたり脱水傾向になる為、かゆみが悪化する事もあるのです。

 

これが、糖尿病になった時の痒みの主な原因ですが、他にも免疫機能が低下する事で痒みが出る事もあります。

免疫機能が下がると真菌や細菌などが感染しやすくなるので肌のトラブルが発生しやすくなるのです。

例えば、糖尿病が原因で起こる皮膚疾患の代表には水虫やカンジダがありますが、これは真菌の感染によるものです。

どちらも重症化すると完治させるのが大変になる病気ですよね。

 

あと、頭部乳頭状皮膚炎や蜂窩織炎などの病気は細菌が原因で起こる疾患です。

蜂窩織炎の場合は痒くてかきむしってしまった傷口から細菌が入り込み、化膿や高熱を引き起こします。

このように糖尿病になると様々な皮膚疾患を引き起こす可能性がありますので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

痒み、アレルギー体質、皮膚炎に効く澄肌漢方堂の薬

皮膚掻痒症、湿疹、アカギレ、皮膚炎、アレルギー体質および、皮膚炎によるシミや色素沈着まで改善してくれる話題の薬です。

・12種類の生薬成分を配合
・数々の品質試験をクリア
・6歳から服用可能

皮膚炎に苦しむ娘を持った母親の一言から誕生した薬。
アレルギー体質で湿疹が酷い、皮膚の痒みが我慢できないという方は御参考ください。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。